1980年以降のR&B/HIPHOPのカバー曲を集めていくWEBサイト

1981年

* 1970年代後半にTBSラジオなどで放送されていたラジオ番組、スネークマンショーがこの年にリリースしたアルバム「スネークマンショー」に収録された『咲坂と桃内のごきげんいかがワン・ツゥ・スリー』(小林克也・伊武雅刀)、及びコメディアンの山田邦子が発表した『邦子のかわい子ブリっ子〜バスガイド編』などが『Walk This Way』や『フラッシュダンス』以前の、オーバーグラウンドに現れたラップ的な表現の一例と思われる。但しこれらの作品がアメリカにおけるヒップホップシーンを意識して制作されたかどうかは定かではない。

1982年

* 映画『フラッシュダンス』が日本で公開され、劇中のわずか数分にヒップホップ4大要素の一つとなるブレイクダンス、ロックスティデイクルー(Rock Steady Crew)がストリートダンスを披露した。ストリートで踊るシーンに使われているJimmy Caster Bunchの名曲『It's Just BE GUN』は世界的にミュージシャンからリスペクトされる。日本ではこれに影響された浜松のグループ「アップルパイオールスターズ」の大橋が早々とブレイクダンスを習得し、その後TOKYO B BOYSのCRAZY-A(現在B BOY PARK主催者)が日本におけるアンダーグラウンドのヒップホップを広めるべく活動を行っていた。

1983年

* 新宿ツバキハウスにおいて映画『ワイルド・スタイル』出演のクルーが開催したヒップホップ・ショーでは、DSTによるスクラッチのデモンストレーションやレクチャーが行われたといわれている。

1984年

* 映画『ブレイクダンス』公開。この映画や『ワイルド・スタイル』により、ブレイクダンスが日本全国に一大ムーブメントとして広がる。CRAZY-A、TOKYO B BOYSが原点とする原宿ホコ天(歩行者天国)では当時、 ナオヤ(TokyoB Boys、ZOO)、DJ KRUSH、MURO、BEAT、阿部ちゃん、グッチG、ホリエハルキ、ヨウヘイなど、現在著名のDJ、ダンサー、ラッパーが活動を行っていた。また新宿や六本木ではオウジ、サム(TRF)、横浜ではFLOOR MASTERS、村山タカシが活動していた。まさに空前のブレイクダンスブームであり、ラップやDJよりも、「踊れること」が尊ばれた時代であった。
* そんな中、モンチ田中がテレビ番組などでDJプレイを紹介するなど、マスメディアにおけるDJ活動を活発化させていた他、風見しんごが歌った『涙のtake a chance』でブレイクダンスが採用されたことも特筆すべき事項である。
* この当時、B-FreshのMCベルとケークKらが自主制作レーベルにて日本のラップシーンの先駆けとなる活動を行っていた。メンバーの中にはDJ KRUSH、MURO、DJ BEATなど、現在の日本を代表するアーティストが在籍していたことでも知られている。同様に活躍していたチームにJAP MC'S (初代メンバーはCRAZY-A、Keny(ホシナ)、Beat Master AZ(馬場)、KAZU(ZOO))などがある。
* 佐野元春が、渡米中に制作したアルバム『VISITORS』において、冒頭の「Complication Shakedown」を含む数曲でラップを取り入れ、当時の音楽業界に大きな衝撃を与えた。これは日本人ミュージシャン初のラップと言われており、現在の国内ラップミュージシャンからも、大いにリスペクトを受けている。

出典:wiki